読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now On Summit

主に登山の記憶

まだまだ夏を楽しみたいぞ 燕岳・大天井岳

2014.8.30-31 大天井岳 (2,922m 長野県)
         燕岳 (2,763m 長野県)

この山行は今夏の予定には入ってなかった。一週前の予定が流れてしまったため、急遽入れた山行だ。
あいかわらず今夏の週末は天気が悪い。
とは言いつつも、やはり「行ったら晴れた」を狙ってしまう、いわば依存症です。

(画像をクリックすると1280×853で見れます。)

1日目
中房温泉〜燕山荘〜大天荘(テント泊)
2日目
大天荘〜大天井岳〜燕山荘〜燕岳〜燕山荘〜中房温泉



2012年から年イチで来てる登山口。3回目。

合戦尾根。登り始めはいい天気。

みずみずしい森。

上の空もみずみずし過ぎて。。

でも、ここに来たのは訳があるわけで。

大天井までもずっとこんな天気で。

雷鳥日和ではあるが、今回は遭遇せず。

大天荘に着いたらなんとなく晴れてきた。

槍の穂先も。

常念岳方面。安曇野側の雲は分厚く。この後、明け方までパラパラと雨が。

翌朝。晴れるのか?

山頂はガスに包まれていた。

少し下りたら燕方面の稜線が見えた。

時々裏銀座方面は晴れ間も見えていたが

わけわからん状態。

振り返れば大天井岳が見えていた。残念。

蛙岩への登りで一気に晴れて、燕岳への期待も高まる。

が、しかし。近づくまで山頂が見えない。

燕の奇岩の美しさはお墨付き。天気がどうだろうが関係ない。

稜線のハイマツ帯は猿がいっぱい。いつからこうなったんだろう。猿山だった。

天気は良くなかったが、行動中は雨に降られることもなく快適に歩けた。8月とは思えない気温で、テント場では上着がないと寒い。夏は終わってしまったのか。。