読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now On Summit

主に登山の記憶

山紫水明 黒部・下ノ廊下

2014.10.11〜12 下ノ廊下

「黒部に怪我人無し」

落ちたらケガじゃ済まない、という意味。
慢心はいけません。

(画像をクリックすると1280×853で見られます。)

1日目
扇沢アルペンルート黒部ダム〜下ノ廊下〜仙人谷ダム〜阿曽原温泉(テント泊)
2日目
阿曽原温泉〜水平歩道〜欅平



2年前に買った本
高橋庄太郎さんの「北アルプス テントを背中に山の旅へ」
この本で初めて黒部を知る。

計画を立てた時点では不安だらけだった。
それゆえ今年の夏はロングコースや
険しいルートに慣れる山行をしてきた。
すべてが黒部の為ではないけれど
それなりに”ここ”を意識した山行だった。

実際に黒部を訪れてみると
雄大な岩壁に静の部分と
荒々しく流れる黒部の動の部分が勇壮に融合し
僕らの感覚を刺激した。

岩をえぐって造られた道を歩くと
昔の人の苦労や努力が肌で感じられる。
危険な箇所には梯子や番線の手摺りが設置され
身体を確保して無理なく通行できる。
現在の管理人の方々への感謝も忘れずに。

登山道は高さを増し
眼下に流れる黒部川の色と共に
更に深さを感じられる。

水平歩道とはよく言ったもので
確かに水平。
その精度に驚かされる。

谷の終わりと同時に
旅も終わり

すっかり黒部の虜になった自分は
またいつか戻ってくるだろう。
さらに深い黒部に・・・