読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now On Summit

主に登山の記憶

今冬の最終目標 西穂高岳

2015.2.21 西穂高岳 (2,909m 長野県・岐阜県


2月の西穂高は狙っていた。
この日の天気予報は全国的に晴れ。風もなく絶好の登山日和になりそうだ。
しかし・・・


(画像をクリックすると1920×1280で見られます。)

西穂高口駅〜西穂山荘〜丸山〜独標〜ピラミッドピーク〜西穂高岳〜ピラミッドピーク〜独標〜丸山〜西穂山荘〜西穂高口駅


寝坊した。
遠足に行く前の子供みたいに寝付けなかったわけではないが、寝坊した。
始発ロープウェイに間に合わないようなら行き先変更だ。
いつもより少し飛ばし気味に中央高速を松本まで。
4時に起きて7時に松本に着いた。過去最速。予定通り、新穂高ロープウェイを目指し、なんとか始発ロープウェイに間に合った。



最高の天気だ。
最高すぎてインナーとハードシェルだけで歩いた。



さすがに独標までは人が多い。
その分トレースはばっちりだが、所々で踏み抜く箇所も。



去年は相方に迎えられた独標で、今回は見送られ山頂を目指す。
予定より時間は押している。間に合うか。



前日までの降雪でトレースがないらしく、先頭の方がトレースを付けている。
同じ始発のロープウェイで来たはずなのに、ここまで差がついてしまうとは。自分もこういうリードする側になりたい。



みなさんに付けていただいたトレースのおかげで、設定時間ギリギリに登頂。
先頭の方もまだ山頂にいらしたのでお礼を言うと

「いや、これくらい大したことないッス」

カッコ良過ぎです。



登りのときは振り返る余裕もなく、下るときに登ってきたルートを見るとなかなかエグい。
とはいえ、独標〜ピラミッドピークが一番緊張するところ。他のピークは巻くところも多く、危険箇所も少ないように思えた。



登りで体力のほとんどを使った感があったので下る体力が残ってるか心配だったが、山荘まではそこそこ軽快に戻れた。
その後は。。。



本来ならテント泊をして2日目にアタックする予定だった。
翌日の予報があまりにも良くないので日帰りアタックになった。
何はともあれ無事登頂でき帰ってこれたことに感謝。
トレースを付けてくれた先行者と天気に感謝。