読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now On Summit

主に登山の記憶

爆風の八方尾根から厳冬期の唐松岳を目指せ

積雪期登山

2016.02.07 八方尾根 (長野県)


ヤマテン予報は朝方ガスで昼以降晴れ。
雲海で大展望だな、こりゃ。
日帰りで行く予定がなかった場所なので不本意ではあるが、行くしかない!

・・・あれ?


(画像をクリックすると1920×1280で見ることができます。)

八方尾根スキー場〜八方池〜丸山ケルン〜八方池〜八方尾根スキー場


ゴンドラ前の駐車場に着いたときには雪がチラチラ降っていた。
リフトに乗ってるときもジャンジャン降っていた。
八方池山荘前に着いたときにはホワイトアウト
一瞬躊躇したけれど、BCスキーの2パーティが先に登っていったので付いて行く。


なんとなく先が見えてきた。

上ノ樺を越えた、どこぞの丸いピーク。
風がすごいのがわかる。

スキーヤーが滑ってきた。カッコヨス。
スキーなら帰りのゴンドラの時間も気にしなくていいので羨ましい。
あ、目的が違うか。

丸山ケルンから。
奥に見えるのは頂上か。まだ結構あるな。
風もすごいので撤退!

風を写真で表現するのはどうすればいいのか。

やっぱり難しい。
天気はずっとこんな感じ。不帰も全貌をハッキリ見せることはなかった。

雲海になってくれるはずだった雲は、高い位置をキープしている。

これから登るスキーヤー達。
夕方は晴れたので、この人達はいい景色が見れたかな。

幻想的な尾根を見上げて。

白馬二山(笑)がチョロっと。

完成形のラチェット式ワカンが活躍した。作ってよかった。

ワカンで膝下ラッセルも体験。平坦ならまだしも上りだとキツイね。こんな軽いザックでキツイとか言っているようじゃ、まだまだですな。

バラクラバ・ゴーグル・オーバーグローブ等はすぐに出せるようにしておかないとね。強風が予想されるときには最初からバラクラバは被っておいてもいい。教訓。

次に来るときはテントで時間を気にせず、唐松岳を目指したい。