読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now On Summit

主に登山の記憶

四阿山から根子岳まで定番周回中にまさか!?

無雪期登山

2016.07.10 四阿山 (2,354m 長野県・群馬県
       根子岳 (2,207m 長野県)


そこそこ遠いわりにテント泊ができないという理由で、行く機会を逸していた四阿山。いろいろな条件が重なってようやく行けました。そろそろ本格的に夏山シーズンも始まるので、体力作りも兼ねて荷物重めで行きますが、今夏は月イチで登山出来れば御の字です。


(画像をクリックすると1920px×1440pxに拡大されます。)

菅平牧場P〜中四阿〜四阿山根子岳〜菅平牧場P


予定より小一時間ほど寝坊したので駐車場の混雑具合が心配でしたが、7時半の時点で2段目の駐車場に停めることができました。3段目もあったのでだいぶ余裕だったようです。


牧場を回り込み四阿山登山口から登り始めます。鈍った体に優しい傾斜の登山道で嬉しいですね。

牧場沿いから外れ、沢を渡った辺り、まだスタートして30分も歩いていないけど、この日最大の事件が発生です!

なんと50〜60センチほどの小熊と並走?並歩?しました!!

妻が「わーわーわー」と言うので指を指している方向を見ると、3m先の茂みの中にヤツがいました。進行方向右手にいたヤツは、そのまま真っ直ぐ登って消えましたが、登山道はその先を右へ回り込んでいたので、もしそのまま気づかずに歩いていたら、バッタリ出くわしていたかもしれない。しかも小熊がいるということは…と、急に心配になって辺りをキョロキョロ、鈴も鳴らしまくりで何事もなく通過しましたが中々貴重な事件でした。


樹林帯にも所々開けた場所があって北アルプス方面が見渡せます。この日は雲がもくもくと湧いていたものの、北アルプスはほぼ頭を出していました。根子岳方面も開けると熊笹の斜面が見えます。とても気持ち良さそうな斜面で、まだ四阿山も登っていないのにその中を歩くことしか考えなくなりました。


かと言って四阿山をスルーする訳ではないのです。分岐から山頂まで0.7kmと書いてありましたが、そんなに距離も感じず、植生保護の階段を登ればすぐ山頂でした。草津方面、妙高とか雨飾山等が見えてるはずですが何処が何処だか分からないままコーヒーでひと休みです。


さて、お楽しみの根子岳熊笹道へ向かいます。ところが分岐からコルまで標高差300mほどの鬼下りが待っていました。これがまた泥濘と木の根の下りで、細心の注意を払ってスリップしないように下り、一気に疲れます。


コルに出るとそれまでの鬼下りとはガラッと変わって天国ような登りが始まります。


やっほーい♪こんな所を歩けるなら登りなんて苦ではない…なんてことはないです。


しかし逆ルートだと天国下りの後の鬼登りかと思うと、このルート順で良かったと思うがいかがでしょうか。


少し登って振り返ると、無加工でこのミニチュア感がとても面白いです。


根子岳山頂は広く、祠と山座同定盤がありましたが山頂標は見当たらず、またしばし休憩して下山しました。


程よい疲労感と充実感で熊のことなんかすっかり忘れて帰ってしまったので翌日に電話で報告しました。最近各地で熊の目撃情報はよく目にしますね。熊鈴がどれ程効果があるのかわかりませんが、それなりの準備をして登山をしたほうが良さそうです。