読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now On Summit

主に登山の記憶

爆風リベンジ 唐松岳

 

2017.03.04-05 唐松岳 (2,696m 長野県・富山県

 

サクッ サクッ サクッ

本来聞こえるはずの、アイゼンが雪に気持ちよく刺さる音は聞こえず。

聞こえたのはゴーゴー唸る風の音でした。

 

f:id:delicojp:20170311105412j:plain

 

いい天気だけど上は強風らしくて、リフト運転見合わせ中。

結局1時間近く遅れて動き出しました。

 

f:id:delicojp:20170311105505j:plain

 

 

f:id:delicojp:20170311105549j:plain

 

 

f:id:delicojp:20170311105630j:plain

 

風は強いけど天気は最高。

 

f:id:delicojp:20170311150547j:plain

 

 

f:id:delicojp:20170311150625j:plain

 

 

f:id:delicojp:20170311150709j:plain

 

 

f:id:delicojp:20170311150821j:plain

 

上ノ樺でテント設営跡地があったので、ありがたく頂戴し幕営

 

丸山下の南側斜面に雪洞を掘ってるパーティがいた。

今後のスキルアップのために、雪洞くらいは掘れるようになりたい。

 

f:id:delicojp:20170311151010j:plain

 

丸山にて、登りはじめが同じだったTwitterのフォロワーさんが下りてきた。

爆風のため山荘までで引き返してきたらしい。

日帰りでは、ゴンドラの終了時間もあるので、スタートの1時間遅れは大きい。

こちらは制限はなく、のんびりである。

 

f:id:delicojp:20170311151046j:plain

 

丸山を越えても頂上まで3つ4つのピーク越えが待っているようだ。

去年は撤退した丸山からは頂上は見えなかったが、思っていたより遠い。晴れてなければウンザリする距離に感じる。日帰りする方たちはスゴイね。

しかも去年の記事を見返すと勘違いしていてお恥ずかしい。

 

f:id:delicojp:20170311151125j:plain

 

 

f:id:delicojp:20170311151159j:plain

 

 

f:id:delicojp:20170311151239j:plain

 

 

f:id:delicojp:20170311151318j:plain

 

テントを出てから2時間弱。ようやく山頂に立ちました。

すっかり分厚い雲に覆われて薄暗いです。まあ一応登頂できた記録ってことで。

 

f:id:delicojp:20170311151403j:plain

 

八方池山荘に泊まるというおじ様。この日の最後の登頂者となりました。

前後に誰もいなくなったので、このおじ様を気に留めながら下りました。

 

f:id:delicojp:20170311151445j:plain

 

去年の撤退ポイント。

去年は真っ白で、今年はグレー。あぁ青い空が恋しいです。

 

f:id:delicojp:20170311151524j:plain

 

その青空は下界のほうへ向くと見れます。この写真を撮っている背後はやはりグレーです(笑)

 

f:id:delicojp:20170311151605j:plain

 

 翌朝も爆風です。

晴れそうな気もしますが、もっと明け方から晴れててくれれば。

 

f:id:delicojp:20170311151644j:plain

 

 

f:id:delicojp:20170311151730j:plain

 

 

f:id:delicojp:20170311152048j:plain

 

下りると晴れます。

稜線上の雲はなかなか取れませんでしたが、唐松岳の南側から徐々に取れてきます。

こうなると登ってる方たちはテンション上がってきますね。

 

f:id:delicojp:20170311152124j:plain

 

なんか人がまばらだなと思っていたら。。

 

ゲレンデを登って来ている=リフトは止まってる

 

f:id:delicojp:20170311152209j:plain

 

衝撃を受けつつ、ゲレンデを下る覚悟をしたら、またTwitterのフォロワーさん夫妻に会いました。1時間半かけてリフト2本分登ってきたそうだ。風はともかく、天気がいいのが救いである。

 

この日は昼前には山頂からいい景色が広がっていたようで、また唐松に来る理由ができました。

私は諸事情により日曜日の下山は早い。

 

 

 

nowonsummit.hatenablog.com