Now On Summit

主に登山の記憶

GW駆け込み奥大日岳 山より星

 

2019.05.04-05 奥大日岳(2,611m 富山県

 

 

 

平成から令和へ。

 

元号改元に伴う祝日がいつものGWと重なり、超大型連休となった2019年のGW。

せっかくの超大型連休だが当初は山予定はなく、母方の親戚回りも兼ねて、大阪と北陸への旅行だけの予定だった。4泊5日で5月3日には帰って、残り3日はのんびりと過ごすつもりだったが、GW後半がちょうど新月の時期になると知り、せっかく北陸まで行く事だし、最後にもう一泊立山を妻に懇願し、渋々許可を得た。

 

早々にチケット売り場に並び、2便目の6:10発でスムーズに室堂へ。アルペンルートは富山側からの方が楽だよなぁ。雪の大谷は室堂手前のほんの少しだけ。一番高い16mもほんの一部分だけで一瞬で通り過ぎた。

 

 

一歩外に出ると快晴の空と、テカテカと光る立山とご対面。ここから雷鳥沢まで小一時間。微妙にアップダウンあり。雷鳥沢は空いている。風も無いのでどこに張ってもいいのに、つい雪壁がある空き地にINしてしまったが、後に後悔する事になる。

 

 

 

 

 

 

 

テント設置後、奥大日岳までお散歩。ここも地味にアップダウンが鈍った身体にはキツイが、思ったより早く着いた。立山からどんどん離れていくので、景色は一つ目の小ピークの方がいいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントに戻って少し寝た。朝が早かったのと旅の疲れもあるのだろう。起きてもなお立山はくっきり見えていた。今日は雲が湧いてこないのかな。アーベンロートを見ながら、星空への期待で胸が膨らんだ。

 

 

 

 

 

 

 

0:30

ゴソゴソと起きる。期待通りの星空。新月立山に囲まれて街明かりが無いので、いつもよりキレイに撮れる天の川に興奮する。やはり雷鳥沢は天の川を撮る条件が整っている。

 

 

 

 

 

テントと天の川を撮りたかったのに雪壁が邪魔だったので、人様のテントを撮影した。大失態である。

 

 

 

帰宅後にStarry Landscape StackerというMac用のアプリを入れて天の川の写真を合成。ざっくり言うと、連続して撮った星景写真の星の位置を合わせて、枚数を重ねてノイズ同士を打ち消すアプリです。よくわからない方はスルーしてください。

使い方の参考にさせていただいたのはコチラ。

mmukoyama.com

 

 

翌朝、Twitterカメラクラスタのフォロワーさんと合う。機材、編集、立山についての立ち話(笑)もそこそこに、帰りの渋滞が気になるので撤収です。

 

 

 

 

またこの時期に来たい。そう思わせる魅力たっぷりの立山でした。

2013年以来2回目の訪問となる雷鳥沢でしたが、未だにここ以上のテント場を知りません。★★★★★5つ星、満点(満天)です。