Now On Summit

主に登山の記憶

十石山 パウダーとワカンと物欲と

 

2020.02.11 十石山(2,525m 長野県

 

 

 

飛び石連休の中日を休みにしたので三連休だったんですが、天気を見てたら最終日に日帰りという勿体ない連休になりました。しかも翌日の出勤が早い!だいたいそんな時は近場でお茶を濁すんですが、ガッツリ雪を踏むべく十石山から変更せずに時間を設定して引き返す予定で。

 

 

前日まで今季最強寒波が来ていてパウダースノーが20〜50cmほど積もっていました。BCスキーヤーのトレースが数人分。小さめのワカンが一人?もしかしたらノートレースかもしれないと思っていたのでラッキーと言うべきか残念と言うべきか。

 

 

最初から急登で、登りきったところで先行のご夫婦に追いつきます。このご夫婦、ご主人さんがスキー(スプリットボード)で奥さんが木製のワカン。なぜスキーとワカン?と思いましたが、結局僕が奥さんをリードすることに。ご主人さんはどんどん先行し、時々奥さんとトランシーバーで連絡を取ってるよう。謎。

 

 

所詮ワカンはパウダースノーのスキートレースには無力で、スネラッセルを強いられることも多かったり、3回踏んで足場を固めたり、思うように進みません。そのうちスノーシューの後続に抜かれた後はかなり歩きやすくなりました。と思うのも束の間、設定時間の11時のアラームが鳴りました。無念。

 

 

登りでは乗鞍が見えましたが穂高が見れず悔しかったのですが、下り途中で穂高が見えていたことに気づきました。これでもう何も思い残すことはないと言わんばかりに下りました。

 

 

登ってくる人、皆さんスキーかスノーシュー。この雪質ではワカンは厳しいですね。スノーシューは欲しいが踏ん切りがつかない。

 

 

それほど下調べもせずに突っ込んでしまいましたが、樹林帯も抜けられず雪と戯れただけの山行になりました。リベンジしたいかというとそうでもありません(笑)

 

 

下の方では木影がやたらとカッコよかったので撮りまくりました。

 

 

 

Camera : FUJIFILM X-T2

Film Simulation : ASTIA

Lens : FUJIFILM XF16-80mmF4 R OIS WR

 

 

 

nowonsummit.hatenablog.com

 

混み合う八ヶ岳でも静かな阿弥陀岳

 

2020.02.02 阿弥陀岳(2,805m 長野県

 

谷川エリアだけ天気が良くなさそうだったので、近場でガッツリ歩く雪山というと八ヶ岳になるんですが、赤岳で登山届も提出し、J&Nの駐車場システムもよく調べ美濃戸口に向かいました。

が、6時着で満車。数台が路駐して準備しています。駐車場をくまなくチェックしましたが、隙間すらなく、不安でしたが路駐して出発しました。なんとなくスタートからテンション下がります。

後にこの日は赤岳鉱泉でアイスキャンディーフェスティバルだったことを知ります。

 

 

美濃戸口から歩き出し、すぐの橋周辺に数台駐車できるのは知ってました。しかし以前に、その橋に向かう下り坂で怖い思いをしたので、今乗ってる車では突っ込むのはやめています。

やまのこ村手前の坂でスタックしたこともあります。その時はその場でUターンできたので事なきを得ました。軽自動車様々。

冬に美濃戸まで無理に突っ込むのはやめましょう。

 

 

歩き出したものの路駐が気になって、全く気が乗りません。引き返してこの日は帰ろうかと思った程です。

 

 

それでも2000mを過ぎた辺りから雪も増えて、雪がない今シーズンのイメージを良い意味で裏切られました。徐々に路駐のことは気にならなくなり、登山欲が湧いてきます。

 

 

行者小屋に着くと沢山の登山者が装備を整えています。南沢を歩いていて手が痛くなってきていたので、この日は相当冷え込んだと思っていたら、行者小屋でテント泊していたTwitterのフォロワーさんによると-24度だったようです。寒。

 

 

 

寒さは良いとして、ここにいる人達みんな赤岳かな。阿弥陀にしようかな。中岳経由で阿弥陀に行くのは面倒だな。すぐそこの分岐で、中岳沢にトレースがあったら阿弥陀にしよう。

 

基本的に現地での変更はしたくないですが、この日の思考は色々おかしかった。妻に連絡しようとしたら圏外でした。

 

 

分岐には阿弥陀方面にトレースがあったので赤岳へ向かう人達から逸れます。すぐに下山してきた人とすれ違った以外は人影なし。トレースはあるけどまだモフモフできます。

 

 

だんだん急登になってくると、トレースが尻セードで潰れていました。

(100%さっきすれ違った奴やんけ…)

 

 

誰も登ってこないので仕方なく蹴り込んで登ります。数人下って行きましたが、下りのトレースは使えません。マイペースで稜線まで登りきるとようやく太陽光を浴びることができました。体中のいろんなものが溶けていく感じに、太陽の恵みサイコーとなりました。

 

 

見上げる阿弥陀岳には数人が取り付いていました。コルに佇んでる人がいたので登らないんですか?と聞いたら「いえ、もう登ってきました。下るつもりだったんですけど、赤岳見ちゃったら行きたくなりますね、行ってきます」と。

 

 

僕は阿弥陀岳へ向かいます。前回来た時は残雪期のようなザラメ雪に近い雪質だったような気がするが、記録を見ると同時期なのでそうでもないのかな。

 

 

鎖場で4人組が降りてきた。ハーネス着けてたから南陵から来たのかな。以前は行きたいルートに入ってたけど、積雪期の岩場に余り魅力を感じなくなってしまった。今は真っ白な雪面と巨大な雪庇とブナの森がお気に入り。

 

 

でもこの日は想像以上に雪質が良い上に天気もいいし風もなく、岩の出てるルートでもとても気持ちよく歩けました。

 

 

山頂で持ってきたパンを頬張りながら、また行者小屋に戻って南沢を下るのもなんだかな、御小屋尾根にトレースがあったら御小屋尾根で戻るかと考えます。御小屋尾根ルートは夏道も通ったことがありません。

 

 

南陵を登る人達を見ながら、山頂で電波を掴めたので妻に連絡しました。

 

 

御小屋尾根方面にはここまでと同じように普通にトレースがありました。さすが八ヶ岳とでも言いましょうか、御小屋尾根で戻ることにします。

 

 

YAMAPの地図に危マークがありますが、すぐそこの岩場っぽいですね。高度感以外のものは感じませんでした。

 

 

ガッツリ下って見上げる阿弥陀岳。下の写真もなってしまっていましたが、雪山で写真に撮るとたまに空が異常に濃い写真が出来上がることがあります。今回は露出+1 2/3くらい上げてハイライトを下げることで少しリカバリーできたような気がします。

FUJI X RAW STUDIOで現像。

 

 

YAMAP用のログを取るために、iPhoneには常時モバイルバッテリーを繋いでいましたが、御小屋山を過ぎたところで充電コードがブラブラしてることに気づきました。フリースの胸ポケットからiPhoneが落ちてコードが外れたようです。写真を撮った御小屋山からまだそれぼど下ってないので5分ほど登り返して雪に突き刺さっていたiPhoneを回収。バッテリーとiPhoneの持ち運び方も考え直さないといけないな。

 

というか充電してなかったらiPhoneを落としたことに気付いていたんだろうか。怖い。

 

 

美濃戸口に戻ったら路駐していた車の周りにコーンと黄色黒の棒で工事現場のように囲まれていました。真意はわかりませんが、どなたかがぶつけないような対策をしていただいたと捉え、お手間を取らせて申し訳ない気持ちで一杯です。

 

 

路駐。

気まぐれなルート変更。

iPhone紛失。

全て結果オーライでしたが、これじゃいけない。もっと慎重にやってもバチは当たらないはずだ。反省。

 

Camera : FUJIFILM X-T2

Film Simulation : ASTIA

Lens : FUJIFILM XF16-80mmF4 R OIS WR

 

nowonsummit.hatenablog.com

 

 

 

スノーモンスターに会いに西吾妻山

 

2020.01.25 西吾妻山(2,035m 山形県福島県

 

 

東北方面の山はほとんど行ったことがない。冬の西吾妻山も常に候補には入っていたが、遠さとコスパの悪さから二の足を踏んでいた。

 

 

まぁ、結果から言えば遠いだのコスパ悪いだの言ってないで行けってことです。ただし天気が良い日に限る。

 

 

上の方はガスって風が強そう。

 

 

ゲレンデトップよりワカンを装着。この日はスノーシューとワカンの人が半々くらいで、アイゼンやつぼ足の人は見かけなかった。

 

 

最初のうちはしっかりとトレースができているのでアイゼンの方が歩きやすい部分もあったが、次第にワカンの効果が出てくるので最初からワカンで正解だった。

 

 

 

 

 

開けたところに出て、徐々にモンスターらしくなってきた。

 

 

 

 

この日の先頭さん。モンスター群を突っ切るのが最短ではあるが、踏み抜きやら道迷いのリスクは回避するべきだ。真っ新な雪原に己のトレースを1本。至福の時間を楽しんでいることだろう。

 

 

西大巓(にしだいてん)山頂ではほぼモンスターになっていた。今年は暖冬でサイズは小さいのだろうが、何しろ初対面でアガリまくりです。

 

 

 

あとはガスが取れてくれるのを祈るのみ。

 

 

 

 

 

時々青空は覗くんだけども。

 

 

 

 

 

 

 

モンスターエリアに突入〜。キタキター!!

 

 

 

 

 

 

西吾妻山山頂標はどこだかわからず。ただただ自然が作り出す芸術品に圧倒されるばかり。

 

 

 

 

もっと雪が多ければ、西大巓〜西吾妻山の間が全部モンスターになってたりするんでしょうね。そんなの見たらいろんな意味で鳥肌立ちそう。

 

 

 

 

結局完全に晴れぬまま、名残惜しくも下山しました。またいつか再訪したいと思う山でした。

 

 

ゲレンデトップからはリフト1本分歩いて下りますが、ワカンを脱いで行ったら意外に深くて、この日一番大変でした(笑)

 

 

帰りに寄ったお風呂、ラビスパ裏磐梯の駐車場から見えた飯豊連峰。尋常じゃない白さでした。

 

 

1回500円の回数券を5枚購入

ゴンドラ(往復2,000円)

第4クワッドリフト(上りのみ500円)

 

 

Camera : FUJIFILM X-T2

Film Simulation : Velvia

Lens : FUJIFILM XF16-80mmF4 R OIS WR

 

 

 

 

赤城山で雪山散歩

2020.01.13 黒檜山(1,828m 群馬県

                   駒ヶ岳(1,685m 群馬県

 

この時期の黒檜山から駒ヶ岳の周回は以前にも歩いてるんですが、写真もブログ記事もないので同じルートで、今回は霧氷が狙いです。

 

 

黒檜山山頂周辺は霧氷というか樹氷というかが素晴らしく、これが駒ヶ岳まで続いてるもんだと思ったらそうではなかったようで、下り始めたら全く無くなりました。せっかく持ってきたカレーヌードルも食べるタイミングを逸したまま、結局駒ヶ岳手前の鞍部で食べました。霧氷に囲まれて食べたかったのが本音であります。

でも、霧氷と赤城ブルーを堪能できたので満足でした。

 

3〜4時間でルート的にも楽チンなお手軽雪山体験ができますが、アクセス道路の凍結にはご注意ください。不安な方は温泉のある道の駅ふじみから出てるアクセスバスをご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Camera : FUJIFILM X-T2

Film Simulation : Velvia

Lens : FUJIFILM XF16-80mmF4 R OIS WR

 

 

 

日向山でのんびりハイキング

 

2019.12.08 日向山(1,660m 山梨県

 

 

随分とブランクがあった妻を連れてハイキング。

前週と同じエリアへ。

 

 

 

 

時間が早かったのか、思ったより静かな山歩きでした。

 

 

 

 

 

山頂でこんなことしてたら、結構な人が登ってきていました。

 

 

 

 

被写体があるもんだから妻ばかり撮ってました。

ぽかぽかと暖かい一日でした。

 

 

Camera : FUJIFILM X-T2

Film Simulation : PRO Neg.std

Lens : FUJIFILM XF16-80mmF4 R OIS WR

 

 

 

黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳

 

2019.11.30-12.01 甲斐駒ヶ岳(2,967m 山梨県・長野県)

 

「重っっ!!」

パッキングを終えて担いでみた感想。無理もない、アイゼンやピッケルの他、上で着る予定のインナーやアウターまで突っ込んで80リットルのザックがパンパンになっている。久しぶりに重量を計ってびっくり、水1L込みで23kgもあった。これは怯む。

 

 

 

 

 

 

落葉の回廊から森の中の笹原を抜け、ようやく刃渡りで景色が開け、鳳凰三山八ヶ岳がお目見えする。2013年に初めて黒戸尾根を登った後にも一度だけここまで来たことがあるが、その時はオーダーメイドで作ったインソールの刺激が強すぎてリタイヤした。あの時も天気が良く八ヶ岳が綺麗に見えていたのを覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

五合目から小屋まではハシゴ梯子はしご。今年の台風で被害が出た箇所も、関係者の方々の努力で復旧していただきました。ありがとうございます。2013年の時はこの区間がとにかくキツくて記憶も飛んじゃうほどだったんだけど、今回はここ2年ほど実践してる腹式呼吸で登ってたら結構サラッと小屋に到着した感じでした。足取りはゆっくりでも負担は少なく感じます。

 

 

 

 

  

 

前回は存在を知らなかった上段のテント場。展望が良さそうなので今回は最初から上段に張るつもりでした。下段には3張りあったようですが上段は貸し切り。夜の撮影も出発準備も捗ります。見えてはいる星ですが、夜景が見えるくらいなので街明かりが明るく、改めて星撮りの難しさを実感しました。 

 

 

 

 

早朝、写真を撮りつつ山頂に向かうため余裕を持って早めに出発します。たまに風が唸りを上げて通り過ぎますが、冷たくて暗い無音の空間を進みます。写真はイメージしてたものとは程遠く、よくわからない黒い写真を量産しました。東の空がオレンジ色に染まり始めるとなんとなくそれっぽい写真は撮れましたが、これもイメージとは違うものでした。

 

 

 

 

 

 

山頂で日の出を見て、サクッと下山開始します。あの花谷さんがこの週末にガイドで上がって来ると聞いていたので下山途中にすれ違いそうだなと思っていたら、前の岩から花谷さんが降りてきました。挨拶をして素手で握手してもらうと「手が温かいなぁ!」と。今回のウエアリングがオーバースペックで、日の出前の動いていない時に丁度いいくらいだったので、どのタイミングで何を脱ぐか考えてたくらい暑かったんです(笑)

 

 

 

 

 

下山はまた長ーい尾根をひたすら下り、最後には膝がやられちゃいましたが、アイゼンもピッケルも使えて、冬ザックの重さに耐え、何より2日間ずっと天気に恵まれ、充実の山行になりました。

 

 

Camera : FUJIFILM X-T2

Film Simulation : PRO Neg.std

Lens : FUJIFILM XF16-80mmF4 R OIS WR

          SAMYANG 12mm F2.0 NCS CS

 

 

 

 

 

晩秋から初冬へ 金峰山・瑞牆山

 

2019.11.16-17 金峰山(2,599m 山梨県・長野県)

       瑞牆山(2,230m 山梨県

 

 

 

近くて便利なこの二座。

それゆえか、あまり来たことがない。

 

 

 

 

時間もあるししっかり写真を撮りながら歩くつもりが、気がつけばいつも通り歩いてしまって、写真なんて記録写真でしかない。

 

 

 

 

雲は多かったけどいい天気だ。

このエリアを選んで正解だったね。

 

 

 

 

山頂への稜線はとても気持ちがいい。

北面は数日前の降雪が凍っていて難儀した部分もある。

 

 

 

 

ダウンパンツを忘れてビクビクしていた夜。

夕方の方が寒かったような。

 

 

 

二日間、とにかく富士山が綺麗に見えていた。

こんなに富士山の写真を撮ったのは久しぶりかも。

 

 

 

 

 

帰りの車から見えた風景。

今シーズン一番の紅葉に思わず車を止めた。

 

 

 

 

Camera : FUJIFILM X-T2

Film Simulation : PROVIAVelvia、ClassicChrome、PRO Neg.std

Lens : FUJIFILM XF16-80mmF4 R OIS WR

          SAMYANG 12mm F2.0 NCS CS

nowonsummit.hatenablog.com